妊娠中のエピソード

現在2児の母です。なかなか第2子を授からない、いわゆる二人目不妊でした。治療を続けて1年ほど(治療前からだと3年ほど)で待望の第2子妊娠となりました。
それまでは生理予定日になると落ち着かず、フライングと分かっていながら妊娠検査薬を試し落ち込む日々でした。久々に妊娠検査薬に陽性の反応が出たときは思わずトイレから飛び出し、主人に報告しました。上の子の相手をしていた主人も大変喜んでくれました。上の子は最初何事かと思ったようでしたが、弟か妹ができるかもしれないと伝えると一緒に喜んでくれました。

もちろん、陽性反応が出たことはたいへん嬉しかったのですが、フライング検査だったため、次第に不安になりました。もし子宮外妊娠だったら…、これで流産してしまったらどうしよう…など心配するとキリがありませんでした。病院へ行ってもきっとまだ確認できないだろうしと2~3日悩みましたが、やはり治療中の病院へ行って聞くのが一番だと思い、病院へ行きました。
このとき妊娠4週目やはり胎嚢は確認できず「1週間後にまた来てください」と言われました。「やっぱり」と思いましたが、胎嚢が確認できなかったことで更に不安は増し、1週間落ち着かない日々を過ごしました。

1週間経過し再度受診するとまだ確認できない。妊娠6週目でやっと胎嚢が確認でき、ホッとしました。それでも担当医師からは心拍が確認できるまでは…と言われ、また不安な1週間を過ごすことになりました。
妊娠7週でようやく心拍が確認でき、やっと安心できると思いました。
しかし、受診翌日の朝、少量の出血。少し心配になりましたが、出勤時間が迫っていたためそのまま出勤しました。午後になって徐々に出血量が増え、心配で仕事が手につかなくなってきました。この時点で上司に報告し受診。心拍は確認できたのですが念のため2週間ほど安静となりました。一時は生理2~3日目程度の鮮血が止まらず、悪い方にばかり考えていました。1週間後、病院を受診。鮮血の出血は変わらず続いていましたが胎児の成長も順調と聞かされ本当にホッとしました。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd217/www/jp/r/e/gmoserver/7/5/sd1022975/jacekrudzki.com/wordpress-4.9.4-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27